フォト

my comic

無料ブログはココログ

« いじめの構造 | トップページ | 家族とは »

2020年6月 2日 (火)

巡り合わせ

漫画は子供の頃から一番の娯楽で、何か辛いことがあっても

漫画を読むことでその辛さを忘れることが出来ました。

でも、実際に描く側になるとは当時は思っていなくて、

賞を取って勢いで上京したはいいけど、鳴かず飛ばずの日々が

続いたものです。

 

連載をとるでもなく、アシスタント歴を重ねてきた筆者は、

いつしか便利な背景描きとして編集部や同業者の皆さんに重宝がられました。

人の役に立てるのはうれしいもので、それに満足して

やがて、自分のオリジナル漫画からも離れてしまいました。

そんな人は筆者の他にもいるはずです。

気がつくとスーファミが一番の娯楽になっていました。

もともと文庫本の「火吹き山の魔法使い」をやりつくした筆者が

RPGにはまるのは必然で、いろいろプレイしました。

 

やがて、何となく手にした「信長の野望・天翔記」が

その後の人生を変えたのかも知れません。

最初はシステムになじめず「何じゃこのクソゲー!」と思っていた

筆者。他にやるゲームがなかったので渋々天翔記をやり始めた次第。

だんだんとその面白さにハマっていくのでした。

決定的だったのが、姫武将と騎鉄可。ある大名でプレイしてて

姫が生まれると、武将にしますか?という選択肢が出て、Yesにすると

親のステータスを受け継いだ武将として育てられるのです。

いわゆるプリメです。あと、騎鉄というのは騎馬でありながら鉄砲も

使えるという、伊達政宗(たしか鈴木重秀も?)にしか使えない

アビリティで、これが最強。他には九鬼嘉隆などの水軍Sに鉄甲船とか、

鉄砲Sの稲富や種子島に鉄砲持たせて城を落としたり……

 

そうこうしているうちに戦国武将にとても詳しくなったのでした。

この続きはいずれ……

« いじめの構造 | トップページ | 家族とは »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いじめの構造 | トップページ | 家族とは »