my comic

無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月24日 (水)

マグロ

Photo

年末になると市場がにわかに活気付く。うちから一番近い市場でもマグロの解体ショーやカップ麺のつかみ取りなど催しもので賑わう。今年初めて子供たちを連れて足を運んだ。もつ煮込みうどんや試食の焼き肉が振る舞われて家族で幸せな気分に…。カップ麺つかみ取りは大人は500円、子供は100円だったので、我が家のチビたちに頑張ってもらった。結果はおまけもあって一人7個の合計14個!マグロは解体後に切り身が売り出されてその夜はお刺身で美味しく頂いた。また来年も行こう。

2014年12月23日 (火)

ヒット作をみんなが待っている

妖怪ウォッチ劇場版が東宝アニメで歴代の一位を獲得するヒットを飛ばした。これはすごいことだ。うちのチビたちも妖怪の名前をスラスラ言えるほどはまっていて、否応なく親である筆者も日常会話の中に妖怪の名前がふと出てしまうぐらいに浸透している。

時代ごとに振り返ればこどもたちが「待ってました!」と言わんばかりに飛びつくタイミングがあって、筆者も幼少期に当然その流れに乗ったクチである。ただ、妖怪ウォッチの面白さは理解できる。

2014年12月19日 (金)

そろそろクリスマス

毎年恒例のクリスマス。今年は90センチのこぢんまりとしたツリーをテレビの横に設置した。幼稚園でのクリスマスイベントも終わり、あとはご家庭でサンタクロースを待つのみ。気がつけばこの時期、もらう方から贈る方になってしまった。子供たち、今年はどんなお願いをしたのかな?

2014年12月18日 (木)

個展に行く

大学時代からの親しい友人に誘われて今敏さんとながやす巧さんの原画展をハシゴした。それまでは絵の上手い人という印象しかなかったが、原画を目の当たりにしてご両人のすごさを改めて認識した。

昼食は西荻窪のパイナップルラーメン。塩味の強みがパインの甘味で緩和されるという絶妙な味配分で好印象だった。
ペンで描くという作業工程はデジタルがいくら発達してもアナログにはかないますまい。魂のこもった原画を直に観た後では尚更のこと。とにかく感動しました。

2014年12月 2日 (火)

ありがとうトラック野郎

菅原文太さんといえば筆者が小学生の時にはまった「トラック野郎」で憧れの役者さんだ。その一番星桃次郎が亡くなった。高倉健さんに続いての訃報に昭和がどんどん遠ざかる想いでせつなくなる。実は筆者にとっては任侠映画よりも後年の映画で馴染みがあったお二方。不器用な生き方と仰いますが…万民の心に生き続ける映画の至宝にこの先も筆者は勇気と元気をもらい続けることでしょう。おやすみなさい、そしてありがとう。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »